Blogブログ

増える切迫入院

増える切迫早産入院

近年、早産の危険性がり入院される女性が増えているようです。

背景にあるのは、妊娠しながらの仕事(過労)、

ストレス、高齢などありますが、

早産の原因NO1は、

膣内にいる細菌による感染

絨毛膜羊膜炎。

膣内にいる細菌が上行し、子宮口から入り込んで感染したり、

場合によっては、歯周病菌からの遠隔感染もあるとのこと。

妊娠することで

身体のホルモンバランスが崩れたり、

糖質の取りすぎでPHが崩れたりするのも

原因として考えられますが、

きょうは骨盤底の力にフォーカスしてみていきます。

自浄作用

身体には自浄作用がありますね。

口で言えば、唾液。

唾液は消化酵素が含まれ、

食べた物を消化させやすくする役割のほか、

口腔内の抗菌、殺菌殺菌作用もありますね。

膣も同じ身体の入口。

おなじように、粘液によって自浄作用があります。

あなたも空気の乾いた季節、

口腔内の乾燥によって

風邪をひきやすくなっている。

と、感じた事はありますよね?

同じように、

膣が渇いていてもいけないの。

女性の「人生100年時代」を健康に生きるためにも

膣のうるおいが必須!であると

声高々に話すのは

B437de03084f1e19c9098e701b3b12b27c5a85da

 医師・関口由紀先生
女性泌尿器科専門医であり、

「女性医療クリニックLUNAグループ」の理事長。

www.luna-clinic.jp

膣の自浄作用を高めるには

膣のうるおいを保つには

ご主人とSEXするのも一つでし、

ソコんところをマッサージするのも一つですが、

(バイブレーション入れるのもOK!って、

関口センセの話なんですが、

それはちょっと・・・・。)

やっぱり、自然にいつでもできる方法は、

膣トレ(骨盤底とレーニング)。

膣をしめて引き上げる力の使い方です。

B7b5e30645be65fd73dfc2b861e9873102b7116d

ビー玉を

膣から吸い上げるイメージ。

筋肉が動いているか確認しやすいように、

丸めたタオルを股に挟むと良いでしょう。

膣をしめて、

その先にある子宮を押し上げるイメージもOK!!

できているか?の確認は?

 膣トレが正しくできているかどうかの確認は、

膣が潤ってくるかどうか。

これを一つの判断材料にしてください。

モゾモゾしてきたらOKです。

繰り返し毎日、気が付いたときに

「締めて、緩めて」を繰り返すことにより、

膣の筋力向上と、柔軟性が備わります。

このどちらもない状態が膣の渇きを生みます。

口も、噛むという動きで唾液が分泌しますよね。

目も瞬きすることで涙が分泌されて

角膜を保護します。

膣トレと妊娠

妊娠中も、ちょっと膣に意識を向けて動かす。

これが大切。

(おなかが張る人はやらない)

子どもを妊娠すると骨盤底筋群が緩みます。

産後、骨盤底が衰えたまま妊娠すると

前置胎盤や切迫のリスクが高まります。

子宮の支柱である膣筋力を高めることは

とても大です。


1/14 東京都 【王子】 産後ダイエット8回クラス

 ⇒ https://resast.jp/events/387536/((proposal_code))


こちらで徹底して骨盤底トレーニングしていきますので
ぜひご参加ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事