Blogブログ

産後に糖質制限していいの?

今日は産後の糖質制限にいつてお話します。

「授乳中、産後も糖質制限は必要ですか?」
「やっても問題ないですか?おっぱいに影響はありませんか?」
「体力がなくならないか心配です」
と、質問を受けます。

答えは、「はい。糖質制限は必要です」

なぜなら、制限不要としたら、
初めての育児、2人、3人抱えたママ。
食事にかける時間がなくて、
手早く食べられる糖質メインの食事になりがちだからです。

糖質過多は炎症/うつをうむ

糖質過多は炎症をうみます。

糖質過多は、鬱をひきおこします。
糖質過多は、代謝不良を引き起こします。
授乳中であれば乳腺炎、肩こりなどの関節痛、
おっぱいが出にくいのも糖質過多、
ほかの栄養素不足による代謝不良が考えられます。

だからと言って、糖質を0にしろ、とは言っていません。
それはやはり、健康に悪いです。

授乳中のママって、食欲がすごいですよね。
米が炊き終わったら、おかまに頭つっこんで食べたくなるくらい
すっごい勢いで食べます。私はそうでした。
男子大学生並みの食欲です。


食事改善にはステップがありますし、個人差があります。

糖質制限では、
★リバウンドする
★頭が回らなくなる
★体力が落ちる
★集中力が落ちる
★授乳中であれば、おっぱいの分泌が悪くなる

と、いうイメージも付きまといます。
なぜ、こういうことが起きるのでしょうか?
ダイエット、算数、国語、いかなる学びも
「なぜならば、」が大切です。

その答えに到着する過程をすっ飛ばすと、応用がききません。
セルフコントロールできないので、
なぜならば、を理解しましょう。

糖質をカットしすぎれば体調不良をおこします。
糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、酵素、ファイトケミカル

健康に必要な栄養素、どれも、等しく、同じことが言えますが、
不足すれば、病気から死に至る。
過剰であれば、病気から寿命を縮める。

と、いうことです。
糖質制限が危険なのではありません。
いかなる栄養素も過不足は危険なのです。

まずは、食事の三大栄養素から学びましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事