Blogブログ

美と健康を作り出す魔法の○○

身体に悪い油をとっていると
細胞や脳みそが悪くなります。

逆に、良質な油をとると、
細胞や脳みそが良くなります。
まるで魔法にかかったみたいに、
抱えていた問題が解消されていきます。
なぜそんなことが起きるのでしょう。


その前に
痩せたり、健康になったり、キレイになるために
脂質を賢くとる必要があります

良質の油は積極的に摂取すべし~油はメタボの敵ではない!の巻 ...

なぜ脂質なのでしょうか?
それは・・・

1臓器のエネルギー源だから
2細胞の再生、修復に必要だから
3細胞膜や脳みその原材料だから

オイルでできているメイク落としがありますよね。
オイルとメイク用品はまじりあいますよね。

オイル同士って、混ざるんですよね。

水と油は交じりません。
脂質同士は混じります。

ですから、
身体に悪い油をとっていると
細胞や脳みそが悪くなるわけです。

トランス脂肪酸は細胞や脳みそを固くするといわれています。
マーガリンも身体に悪い油の一つ。
構造がプラスチックと似ているため、
食べるプラスチックなんて呼ばれるこのもあるのです。

海外では病気や発達障害の原因となる
トランス脂肪酸は使用が制限されているの。
だから。
アメリカやヨーロッパでは、
必ず、トランス脂肪酸が含まれているか
表記義務があるんですよ。

ちょっと怖いことを言ってしまうと、
妊娠期のトランス脂肪酸の取りすぎは、
胎児に悪影響を与える研究はいっぱいあります。
注意喚起がされているのだけど、
なぜか、日本はそんな情報が全然出回らないの。

https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-22700774/

私たち日本産後ダイエット協会は、
産婦人科医や助産師も知らない産後の身体メンテナンスや、
世界最先端のエビデンスをもとにした
予防医学の情報をママたちにシェアしていきます。

日本って、古い情報をいつまでも引きずって、
古い知識を子どもたちに植え付けたりして、
斬新、画期的アイディア、最先端の情報を抹殺するところがあります。

(;´Д`)

繰り返しますが、
あなたの身体にある60兆個の細胞や
大切な脳みそは脂質でできている、といっても過言ではありません。

そこに、悪い油が混じると、細胞や脳が馬鹿になって、
アトピー、
アレルギー、
注意欠陥障害、
病気が生まれます。

ママの知識と実践力が、あなたのキレイや子供、ご主人の健康を作ります。
日本産後ダイエット協会のミッションは、

産女性の心身ケアで日本を元気に。

これは、家庭の元気、社会の元気を作りたい思い、
そして、日本の医療費や介護費を削減したい思いがあります。
そんな日本産後ダイエット協会をどうぞよろしく。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事