Blogブログ

産後3か月と6か月の変化

産後トレーニング3か月の変化。

☆姿勢
お腹が前に張り出していると
身体が前に引っ張られますね。

左右の写真で
くるぶしと膝の位置
腰の反り具合違いますよね。

重心が前にでると
それだけ膝や前ももにかかる負担が大きくなります。

これによって足は太くなり、
膝が痛くなります。

☆体重
メンタルまで軽くすることができるのが
女子の体重。

☆服装
やっぱり身体が変われば、服装も変わるよね。

☆骨盤内臓器の位置
おなかがぽっこりしているのは、
骨盤内の臓器の位置が悪くなっているの。

想像してみて。
腰が反っているというのは、
骨盤が前に倒れている状態。

すると、

骨盤の中で積みあがった臓器は
どうなるでしょうか?

想像してみて。

前に滑り落ちるよね?
そして、横隔膜を正しく使えななくなる。

横隔膜とは呼吸に大きく左右する筋肉だけど、

身体をきれいなポジションで保つために必要な筋肉です。

まずは姿勢を正しましょう。

と、言いたいところですが、
自分で正しいと思っている姿勢が
本当に正しい姿勢かどうかは
写真にとってセルフチェックしてみましょうね。

また、筋肉の緊張があると、
姿勢を正しきれません。

腰を反ったままだったり、肩が内旋して内幕だったり。

すると、臓器も引き上げきれないし、
横隔膜の動き、腹筋群が弱いとポッコリおなかも改善しません。

あなたは
横隔膜を意識して身体づくりしていますか?

横隔膜を意識した
即効くびれ講座↓↓↓

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事