Blogブログ

25年もフィットネス指導がある私が選んだわけ

竹内 恵津子
☆25年もフィットネス指導がある私が選んだわけ

現在、14歳と10歳の二人の息子の母親業をしています。
14歳の息子が、生後7か月の時に、自分自身の産後の体のケアにと、
バランスボールエクササイズのクラスに通いそのまま養成講座に入門。
夫の転勤に伴い大阪に行って一人でクラスを立ち上げ、東京に帰ってきてからも、
養成時代の仲間と情報交換はするものの、基本的に一人でクラス運営をしております。

フィットネスの現場は、大学卒業後約25年間離れることなく関わっています。
周産期の女性の健康づくりだけでなく、中高年者以降の高齢者の転倒予防教室など
高齢者の運動指導もしています。

私がどうして、産後ダイエット協会の資格習得をしたかというと、
今まで、いろんな興味のある勉強会に参加していました。
一人でもブラッシュアップしてきたつもりでした。
しかし、雅美さんの講座を受講したときに、自分だけの判断だと範囲が狭くなったり、
自分の固定観念に固執してしまいがちで、新しい知識が入りにくかったり、
実践が難しかったり実は壁にぶち当たっていたということに気が付いたからです。

☆仲間とブラッシュアップできる環境

今まで培ってきた知識や技を一度置いておいてまっさらな気持ちで学んだところ、
普段流してしまって気づかなかったことが見えてきたり、
周産期の女性に本当に必要なことが新たに見えてきたのです。

おかげで指導の幅も広がったと思います。
勉強やダイエットなどに、指導者や仲間がいると効果が出やすいのと同じく、
同じことを目指し、学んでいく仲間がいることは本当に心強いと実感しています。

学びに、終わりはありません。
マタニティー用品、ベビー用品など、日常使うものが日々進化していくのと同じように、
産後ダイエット協会での学びも日々進化しているわけで、
おまけにそこの仲間と切磋琢磨しながら、知識や技を研磨しづつけることができることは、
大変ありがたいと思っております。
高度医療を駆使した不妊治療や高齢出産が珍しくなくなった今、
産後ケアは、求めている方のところに適切にお届けできる体制を築きつつ、
協会のメンバーがそれぞれ輝いて活躍をしているのを目の当たりにして、
私も頑張っていこうと背中を押してもらっているようでとてもありがたいです。

☆今後の活動

現在開催中の、産前・産後のバランスボールエクササイズクラスと
コンディショニングヨガクラスに、産後ダイエット協会の独自のメソッドを取り入れていきたいです。

産後ダイエット協会が開催している産後ダイエットクラス8回コースの開催を、
三多摩地区で広めていきたいです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事