Blogブログ

くるぶし、踵ケアで生理痛が激減

くるぶしを冷やすと子宮が冷える

くるぶしや踵は子宮、生殖器の反射区になります。
ですから、ここを冷やすと子宮系トラブルが出やすいのです。
生理痛にも悩まされますし、子宮筋腫もできやすくなります。

踵がガサガサしている人は
子宮系トラブルが起きていないか確認してください。

踵のカサカサは、子宮、生殖器のトラブルのサインです。
クリームを塗ったり、やすりでこすったりして
ケアすればいいというものではありません。
食事の見直しや靴下、ストッキングの見直しが必要です。

フリース素材の靴下のせい?

百円ショップのフリース素材の靴下を履いても
踵がガサガサになりやすく、子宮も炎症を起こしやすいので注意が必要です。
お仕事の都合で、毎日ストッキングをはいている人も注意が必要です。

踵がガザガザしていませんか?
生理痛がひどく、服薬したりしていませんか?
踵のガサガサはただの乾燥ではないのです。

痛み止めよりも、くるぶし保温

身体を温めるためによもぎ蒸し、足浴、腹巻をしても、食事を気をつけても、
踵とくるぶしが冷えていたら全く効果がありません。

まずは、排卵日から生理が終わるまでの2週間、
くるぶしを温めてみてください。

生理痛がいつもより軽減、もしくは痛みがない!

と、言うことが起きることでしょう。

 

女性従業員の病欠を減らす

営業職、受付スタッフ、就活。
スーツにストッキング、スカート姿で働く女性はまだまだ多いです。

この姿がいかに身体に悪く、生理痛休暇や子宮系トラブルを生んでいるか。
女性従業員の足元を変えるだけで、医療費削減、病欠を減らせるとしら?
ぜひ、試していただきたいです。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事