Blogブログ

産後の脂肪は、寝て燃やす

 

痩せホルモンなるものが、
寝ている時に分泌されていることをご存じですか?

痩せホルモンとは?⁡

 

脂肪燃焼にかかわるホルモン1つではありません。
一例を挙げれば。
脂肪細胞から分泌されるアディポネクチン、
幸福ホルモンとも呼ばれるセロトニン、
身体を作り、代謝を上げる成長ホルモン、
女性ホルモンのエストロゲンにも
脂肪燃焼作用があると言われています。

睡眠で痩せる

これら、脂肪燃焼や身体を作り変えるのに
必要なホルモン分泌は、
ノンレム睡眠のときに、70~80%が分泌されます。

寝ていれば痩せるなんて、

なんとも嬉しいお話ですが。
⁡赤ちゃん育児をしているママにとって、

「睡眠時間確保が一番の課題!」

だったりします・・・。

 

今日は、そんな中でも、
夜の生活習慣を少し変えるだけで、
睡眠中の痩せホルモンをフル活用!

寝ているだけで痩せることができる
アドバイスをいたします!⁡

産後のこの時期に、
生活習慣を変えて、痩せ体質に身体を作り変えちゃいましょう!!


 

夜の痩せ習慣

  1. 夕食はタンパク質を多めに食べる。
  2. 就寝前に、良質なえごま油を摂る。
  3. 就寝直前、腕立ての姿勢で30秒KEEP。

—————-
たんぱく質多め
—————-

夕飯はたんぱく質多めの食事をすると、
寝ている時の代謝がアップします。
身体野作り変えに必要なタンパク質。
肉魚料理でもいいですし、プロテイン飲料を使うのも〇


———–
寝る前の油
———–

寝るまえに良質なエゴマ油をとると、
デトックス、細胞修復が活性化する。

これによって、翌朝の浮腫み減が進み、
すっきりした朝を迎えられます。


えごまは、スーパーで売っているものより
「じゅうねんや」と、
いうお店のものがおすすめです。


————
無酸素運動
————

寝る直前のプランク
(腕立ての姿勢)30秒。

きつい姿勢をとって、一時的に交感神経を高めると、
反動で一気に副交感神経を上げることができます。

日中の運動で寝ている間の脂肪燃焼率が変わる

そして、日中の運動量で、
寝ている間の脂肪燃焼量が変わります。

日中、ぜひ、すこしきつめの運動をしてみましょう。

おすすめエクサがこちら↓

 

 

さて、産後、食べすぎてしまうことに
悩まれているママも多くいらっしゃいます。

そんなときの対策記事がこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事